腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

ブログ

2020/05/07(木)

腰痛のあなたは見て下さい。

カテゴリー:腰痛

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「腰痛の実態」について詳しくお話ししたいと思います。

 

 

腰痛は『国民病』とも言われており、日本全国に腰痛のある人は3000万人いると推計されています。

 

 

腰痛といっても腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、内臓の病気、脊椎の病気など、様々な原因があります。

 

 

しかし、原因を特定できる腰痛は全体の約15%です。

 

 

残りの85%は原因が特定できない非特異的腰痛と言われるものです。

 

 

全体の10%が脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの神経の障害によるものです。

 

 

腰痛を引き起こす重い脊椎の病気には、化膿性脊椎炎やガンの転移、圧迫骨折などがあります。

 

 

そして、全体の85%を占めている非特異的腰痛の多くは、

 

筋肉や椎間関節に原因があると言われていますが、

 

腰の神経を麻痺させ痛みがなくなるかを確認する検査を何か所も行う必要があり、

 

原因の特定までは行わず、痛みをとる対症療法が優先されます。

 

 

医療機関で、エックス線やMRIなどの画像検査を行うと思います。この画像検査で診断できるものとできないものがあります。

 

 

画像診断できるものは、

・がん

・化膿性脊椎炎

・椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症などがあります。

 

 

画像診断できないものは、

・筋肉

・椎間関節

・仙腸関節などです。

 

 

 

多くの医療機関では、腰痛の患者さんがきても85%は原因が特定できずに、

安静にして下さいと言い、湿布や痛み止めの薬を処方するなどの対症療法しかできないことが多いのです。

 

 

病院に勤務をしていたの頃には、やがて歩けなくなったり、起きるのも辛くなり入院する人も多く見てきました。

 

 

当院に通われていた方には、原因が分かっていないのにも関わらず

 

「長い付き合いになる。」と言われた人や、何年も整形外科に通い電気を当てたり温めたりしていたがほとんどです。

 

 

腰痛は、決して治らないものではありません!

 

 

何年も続けてきた「対症療法」は止めにして、「根本治療」を行いませんか?

 

 

「また歩いて旅行に行きたい!」

「毎日、買い物に行きたい!」

「家事をもっと楽にやりたい!」と思っている方は、是非、ご相談ください!

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

3月3日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。