腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

ブログ

2020/05/31(日)

腰痛になったら「安静」はウソ!?

カテゴリー:腰痛

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、腰痛になったときの初期対処についてお話ししたいと思います。

 

 

急激に腰が痛くなった場合に、「まずは安静に」と言われる人がとても多いです。

 

 

でも、その対処は本当に正しいのでしょうか?

 

 

安静にして、痛みが落ち着いた後に、動き始めるとまた痛くなってします。

 

 

そんなことありませんでした?

 

 

いわゆる「ぎっくり腰」は”腰が過度に動き過ぎた”状態になります。

 

 

体を動かそうとすると、腰だけではなく股関節や胸郭、肩甲骨など様々な場所が連動して動きます。

 

 

腰などの背骨は、小さい骨が積木のように重なっており、1つ1つの背骨は少しずつしか動きません。

 

 

 

 

 

先ほどお話ししたように、体全体が連動して動くことによって大きな動きになるのです。

 

 

しかし、股関節や肩甲骨などが全く動かなくなってしまうとどうなるでしょう?

 

 

本来、少しずつしか動かない背骨の負担が大きくなってしまい、

 

いつも以上に動かなければなりません。このようにして腰が痛くなってしまいます。

 

 

では、腰が痛くなって「安静」にしていたらどうでしょう?

 

 

確かに、腰は動かさないので一時的に痛みは感じなくなり、良くなったと思うかもしれません。

 

 

しかし、原因となっている”動かなくなった他の場所”は動かないままです。

 

 

腰は、結果的に痛みが出てしまった『被害者』なので、

 

原因になる他の筋肉の硬さを取ってあげなければ痛みをなくすことはできません。

 

 

「腰が痛くなったら、安静に」は間違いなので、注意しましょう!!

 

 

腰が痛くても、安静にしている方、我慢している方は是非、ご相談ください!

 

 

お力になれると幸いです!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら 

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

3月3日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。