腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

ブログ

2022/07/13(水)

”アルコール”と腰痛の関係性とは!?

カテゴリー:アルコール, 腰痛, 血行, 院長ブログ

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門の整体院 慶新-KEISHIN-の伊東です。

 

 

あなたは、腰痛でお悩みではないでしょうか?

 

 

当院にも、腰痛の症状でお悩みの方が多く来院されます。

 

 

その方達の中で、「アルコールの飲み過ぎは腰痛に関係があるのか」と聞かれることが多くあります。

 

 

本日は、『アルコールと腰痛の関係性』について解説します。

 

 

 

 

なぜアルコールの飲み過ぎで腰痛になるのかというと、内臓への負担が影響します。

 

 

アルコールの分解には、肝臓の働きが大事になります。

 

 

他にも、胃、心臓、膵臓や胆嚢、腸、腎臓などの臓器の役割も大事になります。

 

 

しかし、アルコールの飲み過ぎによりこれらの臓器に負担が大きくかかってしまいます。

 

 

内臓にも筋肉があり、自律神経の働きによってその筋肉が働くことで、内臓が動いています。

 

 

これらの内臓がフル稼働すると、運動後の筋肉痛と同じように臓器も疲弊し、炎症を起こす原因にもなります。

 

 

中でも、膵臓や腎臓は後腹膜器官と呼ばれ、内臓の中でも背中や腰の筋肉と繋がりがあります。

 

 

なので、これらの臓器に異常があると、腹痛以外にも腰痛が出てしまうのです。

 

 

 

 

また、2019年に刊行された腰痛ガイドラインにも、

 

 

「アルコールと腰痛には弱い関連性がある」としています。

 

 

なので、アルコールの飲みすぎには気をつけなくてはなりません。

 

 

では、次にアルコール飲み過ぎによる腰痛の対策について紹介します。

 

 

 

 

具体的な対策としては、週1回かならず「休肝日」を作ることです。

 

 

腰痛になる原因としては、内臓に常に負担がかかることで腰痛になります。

 

 

なので、「休肝日」は腰痛改善のために必要になります。

 

 

また、お酒の量を減らすことも大事になります。

 

 

以上、アルコールと腰痛の関係について解説しました。

 

 

アルコールの飲み過ぎは気をつけましょう。

 

 

アルコールを減らすことで腰痛が改善される可能性はあります。

 

 

しかし、アルコールの量を減らすことや禁酒をしているが腰痛が改善されないという方もいると思います。

 

 

なぜ腰痛が改善されないのかというと、他にも原因があるからです。

 

 

当院では、「根本的な原因」を見つけて、腰痛を改善していくことができます!

 

 

なので、腰痛を治して、

 

 

「慢性的な痛みを無くしたい!」

「腰の痛みを無くして楽になりたい!」

「日常生活を痛み無く暮らしたい!」など

 

 

と思っている方は、是非ご相談してください!

 

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ギックリ腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

股関節痛

猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回お試しキャンペーン

 

 

ー整体院 慶新

副院長 伊東聖弥

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

6月2日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。