腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

ブログ

2022/07/06(水)

”すべり症”でも腰痛が改善される理由とは!?

カテゴリー:すべり症, 腰痛, 院長ブログ

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門の整体院 慶新-KEISHIN-の伊東です。

 

 

あなたは「腰椎すべり症」による腰痛でお悩みではないでしょうか?

 

 

当院にも、「腰椎すべり症」の症状でお悩みの方が多く来院されます。

 

 

その方達の中で、「腰椎すべり症でも腰痛は改善されるのか」と聞かれることが多くあります。

 

 

本日は、『すべり症でも腰痛が改善される理由』について解説します。

 

 

 

 

まず、腰椎すべり症とは、腰の骨が正常な位置からずれて不安定になっている状態のことを言います。

 

 

特に、腰の骨の4番、5番目がすべり症になることが多いです。

 

 

なぜ、腰椎すべり症になってしまうのかというと、

 

 

背骨は積み木のように重なって出来ていて、一箇所が硬くなると他の部位が頑張って動かなくてはなりません。

 

 

その部位が頑張って動きすぎてしまうと、負担が一点に集中してかかります。

 

 

それが、腰椎すべり症の原因になってしまうのです。

 

 

すべり症は、腰の骨がずれているので、関節の位置もずれてしまいます。

 

 

そうすると、筋肉を傷つけてしまったり、最悪の場合は神経を傷つけてしまい、腰痛以外にも足の痛みやしびれの症状が生じてしまうのです。

 

 

では、腰椎すべり症による腰痛は一生良くならのかというと、良くなる可能性は十分あります。

 

 

正直一度すべり症になった骨を手術以外で戻すことは厳しいです。

 

 

しかし、腰椎すべり症になった方で腰痛を改善したケースは多くあります。

 

 

では、腰痛を改善する具体的な治療方法を紹介します。

 

 

 

 

 

①すべり症になっている関節以外の硬い関節を柔らかくする。

 

 

先程すべり症になる原因でお話しましたが、すべり症は他の関節が硬くなっていることで、腰骨の一箇所に負担が集中して起こります。

 

 

なので、すべり症になっている関節以外の背骨の関節や股関節など他の関節を柔かくする必要があります。

 

 

そのことをしないと、痛みが改善することはありません。

 

 

 

 

 

②インナーマッスル(体幹の深い筋肉)を鍛える

 

 

すべり症は腰の関節が不安定になっています。

 

 

不安定になっている関節はいくらマッサージをしても良くなりません。

 

 

なので、インナーマッスルを鍛えて、関節が不安定にならないようにする必要があります。

 

 

以上、腰椎すべり症の治療法ついて解説しました。

 

 

他にも治療法はありますが、このことをするとすべり症による腰痛は改善されることが多いです。

 

 

腰椎すべり症になってしまった場合、手術が必要な場合もあります。

 

 

しかし、手術をしなくても腰痛が改善される場合も非常に多くあります。

 

 

一度当院に来て、腰椎すべり症による腰痛が改善されるのか相談してください!

 

 

当院では、「根本的な原因」を見つけて、腰痛を改善していくことができます!

 

 

なので、腰痛を治して、

 

 

「慢性的な痛みを無くしたい!」

「腰の痛みを無くして楽になりたい!」

「日常生活を痛み無く暮らしたい!」など

 

 

と思っている方は、是非ご相談してください!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ギックリ腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

股関節痛

猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回お試しキャンペーン

 

 

ー整体院 慶新

副院長 伊東聖弥

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

6月23日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。