腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

腰痛を治すために大事な『栄養素』とは?

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門の整体院 慶新-KEISHIN-の伊東です。

 

 

あなたは、腰痛を治すために大事な『栄養素』をご存知でしょうか?

 

 

しっかり食事をして栄養を取ることはとても大事ということは認識されていると思います。

 

 

しかし、具体的にどのような栄養素を取るべきか知らない方もいます。

 

 

なので、本日は腰痛を治すために大事な栄養素について解説します。

 

 

 

 

まず、栄養素と腰痛の関連性について説明します。

 

 

最近だと「野菜」や「魚類」などをあまり食べずに、「炭水化物(糖質)」を多く食べていませんか?

 

 

糖質は、身体を動かすためにとても重要なエネルギー源となります。

 

 

しかし、糖質を取り過ぎると腰痛の原因にもなります。

 

 

食事から糖質を摂取すると、体内で最終的にはブドウ糖に変化します。

 

 

このブドウ糖が必要以上に身体の中に蓄積されると、

 

 

タンパク質と結合してAGE(糖化最終生成物)という物質を作ります。

 

 

このAGEは骨や軟骨、筋肉、靭帯などを劣化させてしまいます。

 

 

また、腰には椎間板の間に椎間板同士が潰れないように、繊維輪というクッション素材のようなものがあります。

 

 

AGEが蓄積されると、この繊維輪も傷つけてしまいます。

 

 

そのため過剰な糖質の取り過ぎは、腰痛の原因にもなるのです。

 

 

腰痛の対策としては、腰を作っている骨である腰椎やそれを支える筋肉などを作り、丈夫な状態に保つことが大切です。

 

 

そのためには、骨や筋肉を作る元となる栄養素をしっかり摂取しておく必要があります。

 

 

では、次に腰痛に関わる具体的な栄養素について説明します。

 

 

 

 

 

 

①丈夫な骨を作る栄養素

 

 

腰の骨を強く作るためにカルシウムマグネシウムビタミンDが必要です。

 

 

カルシウムは、年齢と共に吸収率が低下するため、成長期の子供だけでなく、大人でも意識して摂取する必要があります。

 

 

マグネシウムは、カルシウムと伴に骨を作るために必要になります。

 

 

また、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルは、筋肉や神経の機能を保つ栄養素でもあります。

 

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける作用があります。

 

 

2017年のZadroらの研究では、

 

 

ビタミンDの欠乏が腰痛の発症に関連し、特に60歳未満(特に女性)にその傾向が強いと報告されています。

 

 

なので、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDが不足している方は摂取する必要があります。

 

 

食品としては、乳製品や小魚、干し海老や干しひじきなどがあります。

 

 

 

 

 

②丈夫な筋肉を作る栄養素

 

 

腰を支える丈夫な筋肉を作るためには、タンパク質を取ることが大事です。

 

 

タンパク質は、筋肉の他にも皮膚や爪、髪の毛、骨、血液などを作る上で欠かせない栄養素です。

 

 

また、健康的な身体作りに必要な酵素、ホルモンなどの物質もタンパク質が原料になっています。

 

 

食品としては、肉類や魚介類、卵類、大豆製品などがあります。

 

 

その他、血流を改善する効果のあるビタミンEやDHA・EPAストレスや疲労回復に効果のあるビタミンB群、ビタミンCなども意識して摂取したい栄養素です。

 

 

以上、腰痛を治すために大事な栄養素について解説しました。

 

 

 

 

しかし、腰痛に限らず、健康的な身体の基礎となるのはバランスの取れた食生活です。

 

 

偏った食事ではなく、3食バランスの良い食生活を心がけることもとても大事です。

 

 

しかし、3食のバランスは良くて健康にも気をつけているのに腰痛が治らないという方もいると思います。

 

 

なぜ、腰痛が治らないかというと他にも原因が潜んでいるからです。

 

 

当院では、様々な検査をして「根本的な原因」を見つけ、治療を行っていきます。

 

 

なので、腰痛を治して

 

 

「慢性的な痛みを無くしたい!」

「腰の痛みを無くして楽になりたい!」

「日常生活を痛み無く暮らしたい!」など

 

 

と思っている方は、是非ご相談してください!

 

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ギックリ腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

股関節痛

猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回お試しキャンペーン

 

 

ー整体院 慶新

副院長 伊東聖弥

緊張性頭痛のセルフチェック

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、昨日お話しした「慢性頭痛のセルフチェック」についてお話ししたいと思います。

 

 

昨日の投稿でもお話ししましたが、慢性頭痛には4つの種類があります。

 

 

頭痛で悩む方の中には、病院へ受診はせずに市販の薬で対処している人も少なくないと思います。

 

 

自分がどの頭痛かを正しく知り、正しい対処をすることが大事です。

 

 

「緊張性頭痛」は、首・肩周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなることで頭痛が起きます。

 

 

・長時間の同一姿勢

・悪い姿勢

・不適切な枕

・運動不足 などに加えて、強い精神的ストレスが原因になります。

 

 

 

 

【緊張性頭痛のセルフチェック】
① 頭の両側に起こる

② 圧迫・締め付けるような痛み

③ 我慢できる、仕事などをこなせる

④ 体を動かしても悪化しない

⑤ 吐き気、嘔吐はない

⑥ 光や音が気になっても、どちらか一方だけ

 

①〜④の2つ以上と、⑤⑥の両方が当てはまる場合には、”緊張性頭痛”が疑われます。

 

 

緊張性頭痛の痛みは、30分で治る人もいますし、1週間程度続く人もいたりと個人差があります。

 

 

頻繁に起こると大きなストレスになり、さらに頭痛が誘発されたり、違う症状が出てきたりと、

 

悪循環に陥るので、頭痛外来や神経内科などの専門医へ受診していただくことをおすすめします!

 

 

自分の頭痛を正しく理解して、正しい対処をしましょう!

 

 

頭痛解消のセルフエクササイズも過去に公開してますので、是非チェックしてください!!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら 

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

ミネラルの役割について

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「ミネラル」の役割について簡単にお話ししたいと思います。

 

 

食品や料理に「ミネラルが豊富」と表記してあると、体に良い感じがしますよね!

 

 

でも、ミネラルが実際に体でどんな役割を担っているのかを知っている人は少ないです。

 

 

「ミネラル」とは、脂質、糖質、タンパク質、ビタミンに並ぶ5大栄養素の1つです。

 

 

カロリーはなくエネルギー源にはならないので、「無機質」とも言われます。

 

 

例えば、カルシウムやマグネシウムなんかはミネラルの一種です。

 

 

ミネラルの役割として『補酵素』としての働きが重要です。

 

 

まず、「酵素」は生体内で生じる化学反応の触媒になるものです。

 

 

この酵素がないと、必要なエネルギーを作り出せないや食べ物の消化ができなくなってしまいます。

 

 

『補酵素』とは、「酵素」の働きを補助するものです。なのでミネラルが不足すると、酵素が働けなくなってしまいます。

 

 

 

ミネラルの働きの一例をご紹介します。

 

 

・骨を強くするには、カルシウム!しかし、マグネシウムもバランスよく摂取しないと、体に十分に吸収されません。

 

 

・体液の濃度を一定に保つ働きがありますが、ナトリウムの過剰摂取で”むくみ”の原因になります。

 

 

・筋収縮の調整などがあります。”足がよくつる!”そんな人はマグネシウム不足が原因になっているかもしれません。

 

 

ミネラルが不足すると、体に様々な不調が生じます。

 

しかし、サプリメントでの摂取は偏りやすくなるのでオススメしません!

 

 

食事をもう一度見直してみてはいかがでしょう!

 

 

「腰痛」や「五十肩」など、皆様の健康の手助けになるよう投稿をしていますので、

 

他の記事も是非ご覧になってください!

 

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら 

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

『ゼロカロリー』表記の恐怖…

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、ダイエット食品などにある「ゼロカロリー」の恐怖についてお話ししたいと思います。

 

 

皆さんは、『ゼロカロリー』や『ノンシュガー』などの表記がある商品を見たことはありますか?

 

 

このような商品は、今とても多いですよね!実際に口にしたことはありますか?

 

 

お菓子や飲み物だと、なぜか甘く感じるものがあるんです!

砂糖は入っていない、カロリーは0なのに不思議ですよね!

 

 

とても良い商品だ!と思いきや、実は体に悪いのです!

 

 

ポイントは、”砂糖が入っていない”のに”甘く感じる”ということです。

 

 

これは、人工甘味料を使用していることを意味します。

 

 

この人工甘味料は砂糖よりも甘く作られているのです。

 

 

身体に起こる悪いことはいくつかあります。

 

 

ここでは、一つご紹介します!

 

 

人工甘味料は、確かに糖ではないので血糖値は上がらないはずなのですが、

上がったり下がったり不安定になるのです!

 

 

そして、血糖値が上がった際に分泌されるホルモン「糖」→「脂肪」に変える”インスリン”が、分泌されてしまいます!!

 

 

不必要なホルモンが分泌され、「脂肪」に変換されてしまうのです!

 

 

これだけではなく、”脳”にも悪影響があります。

 

 

詳しく説明した動画を貼っておくので、是非、ご覧ください!

 

 

動画はこちら↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

筋肉をつける栄養素はこれ!

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「筋肉をつけたい人が摂るべき栄養」についてお話ししたいと思います。

 

 

家事を行うときや階段を上がるときなど、「年を重ねるごとに筋肉が減ったなー」と感じる人は少なくないと思います。

 

 

筋肉をつけるためには運動はもちろん必要ですが、”効率よく”増やすためには栄養素がとても重要です。

 

 

特に大切な栄養素が「タンパク質」です。

 

 

筋肉はタンパク質からできており、合成と分解が常に繰り返されています。

 

 

食事でタンパク質をしっかりと摂取し、合成を活発にすることが大切です。

 

 

タンパク質には2種類存在します。

 

肉・魚・卵・牛乳などに多く含まれる「動物性タンパク質」

 

 

大豆や穀物などに多く含まれる「植物性タンパク質」です。

 

 

どちらもバランスよく摂るのが理想です。

 

 

肉を食べるときには脂肪分の少ない赤身を選ぶのがおすすめです。

 

 

 

では、どのくらい摂取すれば良いのでしょうか?

 

 

タンパク質を摂取する量は、「筋肉を維持する量」「筋肉を増やす量」で目安が変わります。

 

 

筋肉が十分にある人が維持するために摂る量は『1日に体重1kgあたり1g』です。

 

体重が60kgであれば1日に60gのタンパク質が必要です。

 

 

 

筋肉を増やすために摂るタンパク質の量は『1日に体重1kgあたり1.2〜1.5g』です。

 

体重が60kgであれば1日に72〜90gの摂取が必要です。

 

 

しかし、腎臓が悪い人などは、タンパク質の摂取に制限が必要な場合もあるのでお医者さんに相談してください。

 

 

 

タンパク質だけではありません。

 

 

筋肉にとってもう1つ大事な栄養素が「ビタミンD」です。

 

 

ビタミンDには、体内のカルシウムの吸収を促し骨を強くしたり、筋肉の合成を促す働きがあります。

 

 

魚介類やきのこ類、卵に多く含まれています。

 

 

また、日光に当たると体内で生成されるため、日に当たることも大切です

 

 

ご高齢になるほど、肉や魚が減ったり、炭水化物中心の食事になることが多いです。

 

 

筋肉を維持・増やすためには食事のメニューを工夫し、健康を保ちましょう!!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「脂肪」についてお話ししたいと思います。

 

 

「脂肪」と聞いて思い浮かべるものは2種類あると思います。

 

 

「内臓脂肪」「皮下脂肪」ですね。

 

 

この2つの脂肪の違いを詳しく知っていますか?

 

 

知識を深めることで、それぞれの脂肪がついてしまう原因や注意点などが分かると思います!

 

 

体脂肪は、人間の体の約20%程を占めていると言われています。

 

 

脂肪の働きには、大切な臓器を保護したり、体温調節をしてくれています。

 

 

なので身体にとって必ずしも悪いものではないということです。

 

 

しかし、必要量を上回ってしまうとそうではありません。

 

 

・内臓脂肪

 

胃腸や肝臓などの内臓まわりにつく脂肪のことです。

 

 

付きすぎると、血糖値や血圧が高くなります。

 

また血中の中性脂肪やコレステロール を増やすなどの悪影響があります。

 

 

生活習慣病と大きく関係するのは内臓脂肪です。

 

内臓脂肪がつく原因としては、食べ過ぎや運動不足が挙げられます。

 

 

主に糖質の過剰摂取が原因となるケースが多いです。

 

 

また、内臓脂肪は女性と比べ男性の方がつきやすいとされています。

 

 

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ1個の細胞の大きさが小さく、エネルギーとして消費されやすいです。

 

 

つきやすい反面、落としやすい組織でもあるのです。

 

 

 

 

・皮下脂肪

 

 

皮膚と筋肉の間に蓄えられる脂肪のことです。

 

 

寒さや衝撃などの外からの刺激から守るクッションの役割をしています。

 

 

皮下脂肪が増えると見た目だけでなく、膝や腰などの整形外科疾患のリスクが高くなります。

 

 

皮下脂肪も、内臓脂肪と同様に食べ過ぎや運動不足が原因になることが多いです。

 

 

一般的には、男性よりも女性に多くつきやすいと言われています。

 

 

脂肪燃焼は、内臓脂肪燃焼→皮下脂肪燃焼の順で行われます。

 

 

まず、内臓脂肪の燃焼から先に行われるので、皮下脂肪は内臓脂肪に比べ落としにくいという特徴があります。

 

 

落とすためには短期間ではなく長期間のアプローチが必要となってきます。

 

 

食事の見直しや運動習慣の改善が大切になってきます。

 

 

過去の投稿で食事について書いているものもあるので、是非、参考にしてください!

 

 

これからも皆さんの手助けになるような投稿をしていきたいと思っていますので、確認してくださいね!!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら 

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

なぜ「水を飲め」と言われるのか

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「水分摂取」についてお話ししたいと思います。

 

 

多くの人が、「水はたくさん飲まないといけない」ということは聞いたことあると思います。

 

 

お医者さんにも言われたことがある人もいると思います。

 

 

では、どのようにどのくらい飲めば良いのでしょうか?

 

 

今日は、それを説明していきます。水を飲むと体にいいことがたくさんあります。

 

①代謝を改善する

 

私たちの体を60兆個の細胞から構成されています。

 

 

古い細胞から新しい細胞へ交換するのは、「代謝」というシステムです。

 

 

その「代謝」には『水分』と『熱エネルギー(体温)』が必要なのです。

 

 

水分が不足していると、古い細胞がそのままになってしまいます。

 

 

 

②デトックス効果

 

水分を摂取することで、排便・排尿が促され老廃物が外へ排出されます。

 

 

便秘になってしまうと、腸に残留した便から毒素が発生し、血液に乗って全身を巡ってしまいます。

 

 

毒素を外へ出そうと、ニキビや吹き出物ができるばかりか、腐敗便は発がん物質を発生させてしまうのです。

 

 

 

③血液循環の改善

 

血液は水分なので、水分摂取により血液の環流量も増加します。

 

 

血の巡りが良くなると、冷え性やむくみの改善効果が期待できます。

 

 

では、どのくらい水分を摂れば良いのか?

 

 

それは『体重(kg)×30ml=最低限の水分摂取量』となります。

 

 

また、『体重20kgあたり1Lの水分摂取が必要』とも言われています。

 

 

一気に大量の水分を摂ると、腎臓や胃腸に負担がかかるので、こまめに飲みましょう。

 

 

 

では、何を飲んで水分摂取すれば良いのでしょう?

 

 

オススメするのは、常温の水です。

 

 

冷たいと、『代謝』に必要な『熱エネルギー』が奪われてしまいます。

 

 

また、ジュースだと糖分や食品添加物の

 

コーヒーやお茶だと、カフェインの過剰摂取になってしまいます。

 

 

これらを守って、水分摂取を心掛けましょう!!

 

 

意識しないと摂れない量なので、まずはコップ一杯から始めましょう!!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

痩せたいなら知っておくべき”基礎代謝”

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「基礎代謝」についてお話ししたいと思います。

 

 

「基礎代謝」は皆さん聞いたことがあるでしょうか?

 

 

言葉は知っているという方も多いと思います。

 

 

「基礎代謝が良い人は痩せやすい」ともよく言われますね。

 

 

この基礎代謝を理解していれば、体質改善ダイエットにも活かせます!

 

 

 

基礎代謝とは、

 

「心身ともに安静な状態の時に、生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量」

 

と定義されています。

 

 

簡単に言うと、「何もしなくても勝手に消費されるエネルギー(カロリー)のこと」です。

 

 

人間は運動する以外に、呼吸や心臓の拍動、消化機能、脳の活動によりエネルギーを使っています。

 

 

そのエネルギー消費量は人によって異なり、それを「基礎代謝」と言うのです。

 

 

一般成人で、1日に女性:約1200kcal 男性:約1500kcal

 

 

が基礎代謝として消費されています。

 

 

消費量の割合としては、肝臓:27% 脳:19% 筋肉:18%

 

 

この3つで6割を占めています。

 

 

基礎代謝が良い人は痩せやすいですが、逆に基礎代謝が悪くなると太りやすい体になるとも言えます。

 

 

 

肝臓だけで1/4の27%を占めますが、日常的に疲弊しやすい臓器です。

 

 

肝臓が疲弊により仕事量が減ると基礎代謝量も下がります。

 

 

右の肋骨に沿って手を中に潜り込ませ、マッサージするだけでも血流量が上がります。

 

 

 

筋肉も18%と多くを占めますが、筋肉量には個人差があります。

 

 

筋肉量が多ければ多いほど、基礎代謝として消費されるエネルギーは増えます。

 

 

筋肉量を増やすことも痩せやすい体作りに繋がるということです。

 

 

ダイエットをしている人、痩せたいと考えている人は、

 

この「基礎代謝」を意識して、痩せやすい体を作ることもとても大事なことです!!

 

 

 

オンラインでのダイエットサロンもやっていますので、気軽にお問い合わせやご相談ください!!

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

ダイエット成功しない理由

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「ダイエットが成功しない理由」についてお話ししたいと思います。

 

 

今、外出自粛が続き、体重が増えてしまった人も多いと思いますが、

 

同時にダイエットを始めた、もしくは始めようとしている人も多いと思います。

 

 

しかし、ダイエットをしている人のほとんどが失敗した経験があると思います。

 

 

「ジムに行っても体重が落ちない!」「運動しているのに…」という人もいます。

 

 

一括りに「ダイエット」と言っても、食事を制限するものや、運動量を増やすなど様々な方法があります。

 

 

しかし、ダイエットで大事なポイントは「食事」「運動」のバランスです。

 

 

脂肪を1kg減らすのに、約7000kcalを消費しなければなりません。

 

 

7000kcalを運動で消費しようとした場合、

 

体重60kgの人はウォーキングで39時間ランニングの場合は16時間が必要です。

 

 

この運動量は、結構大変だと思います。

 

 

だから必要なのが「食事の管理」なのです。

 

 

毎食の食事量、栄養価のバランスを考える癖をつければ、自ずと体重は減っていきます。

 

 

逆にやってはいけないのは、短期間で減量しようと、

 

炭水化物を全く食べなかったり、夜ご飯を抜いたりすることです。

 

 

こういうダイエットは、食生活が戻った時にリバウンドをしてしまいます。

 

 

体にも悪いですし、頑張った時間が無駄になってしまうので、リバウンドは避けなければいけません。

 

 

ダイエットは、「健康」のもと「減量」をするものなので、お忘れなく!!

 

 

オンラインでのダイエットサロンもやっているので、気になる方や話を聞きたい方は、気軽にお電話ください!!

 

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください!

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

サプリメントの真実

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「サプリメント」についてお話ししたいと思います。

 

 

今は、コンビニでも通販でも気軽に購入できて、身近にある『サプリメント』

 

 

摂れば摂れるだけ体に良いものではありません。

 

 

企業が謳う効能を鵜呑みにしていたら危ないです。

 

 

今、最も売れているのは『グルコサミン』『グルコサミン』

 

 

「関節痛を和らげる」や「すり減った軟骨が再生する」と宣伝されているのはご存知だと思います。

 

 

しかし実は、「経口摂取しても軟骨は再生しません。

グルコサミンやコンドロイチンは、糖やアミノ酸からできており、体内に入ると分解されます。

それが再合成され、膝の軟骨になるとは考えられない。」と医師も言っています。

 

 

また、英国医師会誌『BMJ』に

グルコサミン、コンドロイチンが関節や股関節の痛みに効くという明確な結果は得られなかった

という研究報告が掲載されました。

 

 

さらには、医学総合誌『ニューイングランド・ジャーナル』でも

コンドロイチン単体、グルコサミン単体、その両方、偽薬単体を6ヶ月間投与したが、

はっきりとした差は出なかった」と報告が発表されています。

 

 

変形性膝関節症に効く『ヒアルロン酸』のサプリも同様に、

「注射では一定の効果が認められているが、経口摂取では有効性が認められていない」と言われています。

 

 

医学的にも効果が証明されていないものも多く、「誇大広告」として消費者庁が問題視しています。

 

 

効かないだけならまだしも、「飲み合わせ」や「摂り過ぎ」だと体に害になることもあります。

 

 

このことは知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

 

一例をご紹介します。

 

グルコサミン:飲み過ぎるのインスリンの働きを低下させるため糖尿病の人は要注意

コンドロイチン:血液をサラサラにするワーファリンの効果を増強するので併用は要注意

マルチビタミン:飲み過ぎで、ビタミンA,E,βカロチンの過剰摂取となり、死亡リスクが増えたデータもある

:過剰摂取による毒性が認められていて、食事摂取でも上限がある。

 

 

過剰摂取で胃腸障害や亜鉛の吸収障害になる。重症化すると肝機能障害の可能性もある。

 

 

これは、一例にすぎません。

 

 

宣伝を鵜呑みにせず、正しい知識のもとに使用するようにして下さい!!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

糖質制限ダイエットで失敗する理由

 

こんにちは!

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「糖質制限ダイエット」についてお話ししたいと思います。

 

 

今、外出自粛生活で体重が増えたという声をたくさん聞きます。

 

 

ダイエットと聞けば、「糖質制限」という方法で行う方が多いと思います。

 

 

しかし、正しい知識のもとで行わなければ結果が出ないので

 

 

簡単にお教えしたいと思います。

 

 

まず、知っていただきたいポイントが3つあります。

 

①糖質は体のエネルギー

 

②多く摂りすぎると脂肪になる

 

③必要な量を摂取しないと太りやすくなる

この3つです。

 

 

「糖質=悪い物,太るもの」 は間違いです。

 

 

糖質は体を動かす、または代謝において必要なエネルギー源なのです。

 

 

なぜ、「糖質=太るもの」と誤解されるのか。

 

 

それは、多く摂りすぎると脂肪」になるからです。

 

 

【多く摂りすぎると】というのが重要で、一番最初に使われるものが糖なので、多すぎると貯蓄されてしまいます。

 

最低限の摂取は必要なのです。

 

 

お米を禁止するなどをして、必要な量を摂取しない場合でも、体はエネルギーを欲している状態になります。

 

 

なので、食生活が戻ったらすぐに脂肪に変えられてしまうため、悪循環になるのです。

 

 

ダイエットは多くの人がすぐに結果を出そうと、気軽に行える「食事」を極端に変えようとします。

 

 

しかし、その場合には多くの人が「リバウンド」をします。

 

 

良いダイエットは、自分に合った「続けられる食生活」「続けられる運動習慣」で成り立ちます。

 

 

これを見つけることから始めてみましょう!!

 

 

詳しく説明した動画はこちら↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

お客様の声「歩くだけで辛かったのが数回でなくなりました!」

 

こんにちは!

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日も、当院に通われた方の喜びの声を聞いていただきたいと思います。

 

 

同じ悩みを抱える方の参考になればと思います!

 

 

Q, 当院に来る前の悩みは?

 

「5年前から脊柱管狭窄症と言われ、足のしびれと腰の痛みがありました。急に腰が酷くなったが、骨に異常はないと医者から言われ、同じ治療を続けると言われました。」

 

 

 

Q,マッサージや電磁波の治療でどうなりましたか?

 

「直後は少し楽になりますが、時間が経つと張ってしまう。」

 

 

 

Q, 当院をどのように知りましたか?

 

「折り込みチラシを見て、電話しました。」

 

 

 

Q, 治療受けた感想を教えてください

 

「歩くのも容易ではなく、タクシーを待ってるだけでしんどかったですが、最初の治療で気をつけながら歩けるようになりました」

 

 

 

Q,今まで受けていた治療と違う点はありましたか?

 

「全く、違う感じです。だんだん良くなっているのが分かります。もうタクシーではなく、電車で来られるようになりました!」

 

 

 

Q, 同じように腰痛で悩んでいる方にメッセージをお願いします

 

「整形外科で治らない時は、試していただいた方がいいと思います。自分で体験すれば、分かると思います!」

 

 

 

実際のリアルな声をお聞き下さい!!

↓↓↓

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

階段を上がるときに付け根が痛い人はこのストレッチ!

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、階段を上がるときに足の付け根が痛いという方が多いため、太ももの付け根の痛みを解消する簡単ストレッチを紹介します。

 

 

腰痛の方でも、重要になってくるのが「腸腰筋」という筋肉です。

 

 

「腸腰筋」は「大腰筋」と「腸骨筋」の2つからなる筋肉です。

 

 

この「大腰筋」が硬くなったり動かなくなると腰が痛くなることが多いのですが、「腸骨筋」が硬い人も多いです。

 

 

「腸骨筋」は足を曲げるときに働く筋肉であり、階段を上がるときや足を深く曲げたときに痛い人は、この筋肉が原因になっていることが多いです。

 

 

この「腸骨筋」を柔らかくすると痛みが改善するケースが多いです。

 

 

筋肉を柔らかくするのは、自分では難しいと思っている人も多いかと思いますが、自分でもできるんです!

 

 

まず確認してほしいのは、「腸骨筋」が原因かどうかです。

 

 

腰のくびれを触り、下に移動すると、コツンと骨に当たると思います。

 

 

骨に当たったらおへそ方向に指を2本分移動したところに「腸骨筋」があります。

 

 

ここを指で押さえて階段を上る時と同じ運動をやっていただき、痛みが楽になれば、原因が「腸骨筋」だと言えます。

 

 

腸骨筋が原因の方は、このストレッチを是非、試してみてください!

 

 

動画はこちら

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

【脊柱管狭窄症】しびれ消失ストレッチ

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、以前お話しした「脊柱管狭窄症」のしびれを改善する簡単ツボ押しストレッチをお教えします。

 

 

歩いているとしびれが強くなったり、すぐに休みたくなる人は是非、試して頂きたいと思います。

 

 

歩いていると、痛み・しびれが強くなったり、休みたくなることを「間欠性跛行」と言います。

 

 

脊柱管狭窄症の代表的な症状ではありますが、間欠性跛行=脊柱管狭窄症ではありません。

 

 

脊柱管とは脊髄の神経が通るトンネルのようなものです。

 

そのトンネルが狭くなることで神経が圧迫されるものなので、様々な神経の問題が起きます。

 

 

例えば、筋肉が弱くなり小さくなってしまう「萎縮」であったり、尿・便が勝手に出てしまう「膀胱直腸障害」が起きてしまいます。

 

 

この神経的な症状がなく、しびれや痛みだけの場合には、筋肉が硬いことが原因であることが多いのです。

 

では、どこをストレッチすればいいのか。

 

 

「脊柱管狭窄症」と診断される人は、骨盤が過度に後ろへ倒れていて、足の付け根の前が張っていることが多いです。

 

 

ここを緩め、姿勢が改善されると「間欠性跛行」がなくなるケースが多いので、是非試してみてください!!

 

 

動画はこちら

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

変形性膝関節症と診断された方へ

 

 

こんにちは!

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

今日は、膝の痛みについてお話ししたいと思います。

 

 

高齢者の方で、特に女性は膝が痛く、病院に行って「変形性膝関節症」と診断される人が多いと思います。

 

 

この「変形性膝関節症」は女性に多いです。

 

 

これは、骨盤や大腿骨の骨の角度が男性と女性で違うことが大きな要因です。

 

 

関節の軟骨がすり減って、変形することが原因とされています。

 

治療といえば、湿布や注射、痛み止めの薬、また「膝を伸ばす筋肉をつけましょう」と言われることが多いです。

 

 

末期になってくると手術をする人も多いと思います。

 

 

ただ、手術をしても痛みが治らなかったり、手術によって入院期間が延びて、違う痛みが出る人をたくさん見てきました。

 

 

骨が擦れることによって痛みが出る人は、本当に末期の人であって、それ以外は筋によって痛みが出ていることが多いです。

 

 

膝の内側が痛いことが多いと思いますが、注目してほしいのが外側の筋肉です。

 

 

O脚だと、外側の筋肉がつっぱっている状態になるのです。

 

 

「手術をしてもしなくても良い」と言われている人や「O脚になってきた」という方は、筋肉を緩めると痛みが改善するケースが多いです。

 

 

今回、お教えするストレッチは、外側の引っ張られている筋肉を緩める体操です。

 

 

膝が痛いけど何をやってもよくならない方や、病院に行こうと思っている人は是非試してみてください!

 

動画はこちら!!

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら 

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

サプリだけじゃダメ!骨粗鬆症の予防法

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日、お話しするのは「骨粗鬆症」についてです。

 

 

この「骨粗鬆症」、日本には約1000万人以上の患者さんがいると言われています。

 

 

骨粗鬆症になって痛みがあるわけではありませんが、手をついたり転んだ際に骨折しやすくなってしまします。

 

 

体の骨は、生きている中で、「溶かして壊される」と「新たに作られる」を繰り返しています。

 

 

しかし、このバランスが崩れることで、骨がスカスカになってしまいます。

 

 

「骨粗鬆症」は女性ホルモンの減少が深く関わっているため、閉経後の女性が圧倒的に多いです。

 

 

皆さんは、この「骨粗鬆症」の予防法は何が思いつきますか?

 

 

多くの方は、カルシウムを多く摂取することをあげると思います。

 

 

ビタミンD、ビタミンKやタンパク質なども大事ですが、この食事面だけの予防法では骨は十分に強くなりません。

 

 

テレビのコマーシャルや広告でもよく見る「サプリメント」!

 

気になっている方や、実際に飲んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけを頼りにしている人は注意です!

 

 

「骨粗鬆症」にならないために、もう一つ気にしないといけないのは『運動』です。

 

 

その理由を詳しく説明した動画はこちら

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

脊柱管狭窄症の知っていてほしい新常識

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、知らない人も多い「脊柱管狭窄症」の常識についてお話しします。

 

 

脊柱管狭窄症は、

 

変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などによって、神経が圧迫されます。

 

 

脊柱管とは脊髄の神経が通るトンネルのようなものです。

 

 

そのトンネルが狭くなることで神経が圧迫され、神経の血流量が低下して発症します。

 

 

この脊柱管狭窄症を代表する症状は、「間欠性跛行」です。

 

 

間欠性跛行は、歩いているとだんだん痛み・しびれが強くなり歩けなくなるというものです。

 

 

では、この間欠性跛行がある方は「脊柱管狭窄症」と言えるでしょうか?

 

 

これを知っていてほしいのですが、

 

必ずしも間欠性跛行=「脊柱管狭窄症」ではありません。

 

 

しかしながら、この間欠性跛行で「脊柱管狭窄症」だと言われる人が多いのです。

 

 

では、他にどのような症状が出るのか、

 

何が原因でどういう人がその診断を疑うべきか

 

 

脊柱管狭窄症の真実をお話しした動画はこちらです!!

 

 

是非、ご覧になって「脊柱管狭窄症」の常識を変えて下さい!

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

コレステロールの基礎知識・値を下げる方法!

 

こんにちは!

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日はいつもと少し違う「栄養」についてお話しします!

 

栄養の中でも、多くの方が悩む「コレステロール 」についてです。

 

 

コレステロールは皆さんが知っているものだと思いますが、高くなると体にどのような影響を及ぼすのか、ご存知ですか?

 

 

コレステロールには、悪玉と善玉があり、

悪玉コレステロールは動脈硬化を促進し、善玉コレステロールは動脈硬化を防ぎます。

 

 

また、高血圧・喫煙・糖尿病・慢性腎臓病などがあると、動脈硬化になりやすくなってしまいます。

 

 

動脈硬化は、心筋梗塞や心不全、脳梗塞など、様々な病気を引き起こす可能性が高くなります。

 

 

このコレステロール値を下げるにはどんなことをすれば良いのでしょう。

 

①禁煙

②運動

③食事管理

④服薬

 

この4つが挙げられます。

 

 

運動も大事ですが、体の不調や悪天候などで継続するのは難しい人が多いです。

 

 

日常で継続するためにお勧めするのは、食事を見直すことです。

 

 

食品の裏面表記にある「〇〇」を避けるよう気をつければコレステロール値が下がるのです!

 

 

それを説明した動画はこちら

↓↓↓

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

緊急事態宣言に伴う臨時休業のお知らせ

 

いつも整体院慶新-KEISHIN-をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受けまして、4月11日より休業させて頂く事になりました。

休業期間は、緊急事態宣言の5月31日までになります。

営業再開に関しましては、ホームページ上にてお知らせさせて頂きます。

突然のご連絡になり、皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解・ご協力の程お願い申し上げます。

トップページはこちら

 

【自宅でできるセルフストレッチ無料公開中】

 

 

「腰を楽にしてあげるストレッチ」をご紹介します!

こんな時期だからこそ
コロナにも体の不調にも
打ち勝っていきましょう


クリックして動画をみる
*自粛期間中の限定公開

 

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

6月23日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。