腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

ブログ

2020/05/12(火)

あなたは“薬の使い過ぎ”による頭痛かも

カテゴリー:頭痛

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「薬の使い過ぎによる頭痛」についてお話ししたいと思います。

 

 

頭痛で悩む人は多くいますが、そのほとんどの人が痛み止めの薬で対処しています。

 

 

しかし、実は、この「痛み止め」が原因で頭痛を起こしている人もいるのです。

 

 

“薬の使い過ぎ”による頭痛は、人口の1〜2%はいると考えられています。

 

 

この頭痛は、頭痛専門医のもとで治療を受けなければ改善は難しいと言われています。

 

 

“薬の使い過ぎ”による頭痛で悩む人はの約8割はもともと偏頭痛をもつ人であるため、女性が7割を占めます。

 

 

また、仕事に勤めている人はなかなか休めないことから、薬に頼っているうちに使い過ぎになるケースが多いです。

 

 

特に、薬の使い過ぎになりやすいのは、市販の薬を自己判断で日常的に使用するケースです。

 

【薬の使い過ぎによる頭痛チェック】

 

①もともと偏頭痛や緊張性頭痛などの頭痛がある

②1ヶ月に15日以上頭痛がある

③痛み止めの薬、又は偏頭痛の治療薬(トリプタン)を1ヶ月に10日以上飲む状態が3ヶ月以上続いている

 

 

 

これらのチェックに当てはまる場合は、薬の使い過ぎによる頭痛が疑われます。

 

 

自分で悪循環を断ち切るのは難しいので、頭痛外来や神経内科などの専門医を受診することをお勧めします。

 

 

このチェックに当てはまらない場合にも、

 

薬の効果がよくないのに頭痛薬を使い続けている人や、頭痛薬の使用が習慣化している人も、

 

悪循環が始まっている可能性があるため注意が必要です。

 

 

薬の使い過ぎを予防するためには1週間に2日程度まで1ヶ月に10日未満の使用を守りましょう。

 

 

薬を服用した日を書き留めておくことも予防になりますので、是非、実践してください!

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

3月10日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。