腰痛でお困りなら新宿区の 整体院 慶新-KEISHIN-

ブログ

2020/05/17(日)

なぜ「水を飲め」と言われるのか

カテゴリー:栄養

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

新宿区西新宿で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 慶新-KEISHIN-院長の希代拓哉です。

 

 

本日は、「水分摂取」についてお話ししたいと思います。

 

 

多くの人が、「水はたくさん飲まないといけない」ということは聞いたことあると思います。

 

 

お医者さんにも言われたことがある人もいると思います。

 

 

では、どのようにどのくらい飲めば良いのでしょうか?

 

 

今日は、それを説明していきます。水を飲むと体にいいことがたくさんあります。

 

①代謝を改善する

 

私たちの体を60兆個の細胞から構成されています。

 

 

古い細胞から新しい細胞へ交換するのは、「代謝」というシステムです。

 

 

その「代謝」には『水分』と『熱エネルギー(体温)』が必要なのです。

 

 

水分が不足していると、古い細胞がそのままになってしまいます。

 

 

 

②デトックス効果

 

水分を摂取することで、排便・排尿が促され老廃物が外へ排出されます。

 

 

便秘になってしまうと、腸に残留した便から毒素が発生し、血液に乗って全身を巡ってしまいます。

 

 

毒素を外へ出そうと、ニキビや吹き出物ができるばかりか、腐敗便は発がん物質を発生させてしまうのです。

 

 

 

③血液循環の改善

 

血液は水分なので、水分摂取により血液の環流量も増加します。

 

 

血の巡りが良くなると、冷え性やむくみの改善効果が期待できます。

 

 

では、どのくらい水分を摂れば良いのか?

 

 

それは『体重(kg)×30ml=最低限の水分摂取量』となります。

 

 

また、『体重20kgあたり1Lの水分摂取が必要』とも言われています。

 

 

一気に大量の水分を摂ると、腎臓や胃腸に負担がかかるので、こまめに飲みましょう。

 

 

 

では、何を飲んで水分摂取すれば良いのでしょう?

 

 

オススメするのは、常温の水です。

 

 

冷たいと、『代謝』に必要な『熱エネルギー』が奪われてしまいます。

 

 

また、ジュースだと糖分や食品添加物の

 

コーヒーやお茶だと、カフェインの過剰摂取になってしまいます。

 

 

これらを守って、水分摂取を心掛けましょう!!

 

 

意識しないと摂れない量なので、まずはコップ一杯から始めましょう!!

 

 

 

 

長年の慢性腰痛
坐骨神経痛
ヘルニア
ぎっくり腰
脊柱管狭窄症
すべり症
産後の腰痛
股関節痛
猫背性腰痛

 

 

諦めないでください!

 

 

無料相談はこちら

 

 

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

ー整体院 慶新
院長希代拓哉

 

 

 

 

通常初回施術費16,500円(税込)のところ

初回限定特別価格1,980円

3月3日(日)まで6名様限定割引 → 予約多数のため残り2名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

03-3227-0503

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。